№14 美ヶ原高原(ヴィーナスライン) 2010年7月30日

上田市にある美ヶ原高原は標高2000メートル級の山々に囲まれたところにある高原です。展望台やロッジ、美術館や道の駅など多数の施設があります。 展望台で撮った写真です。 天気が悪いため、見晴らしがあまり良くありません。 道の駅の展望台から撮った写真です。大分天気が良くなってきました。 道の駅です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№13 諏訪社 2010年7月30日

諏訪社へ行ってきました。 諏訪社本宮(上諏訪)です。 長~い廊下です。 拝殿です。 本殿です。 諏訪社秋宮(下諏訪)です。 拝殿です。 本殿は工事中のため、見ることができませんでした。 秋宮の駐車場前に霞ヶ城跡があります。 諏訪市にある霞ヶ(手塚)城は下社の大祝である金刺氏の平城で馬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№12 上高地 2010年7月29~30日

上高地を散策して来ました。あいにくので景色が残念でした 大正池~河童橋~明神橋といったコースで梓川沿いを歩きました。 大正池です。 梓川です。 人気スポットの河童橋です。 明神橋です。 穂高神社奥宮です。 拝殿です。 神社神域にある明神池です。明神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№10 八上城跡 2010年7月11日

篠山市にある八上城は標高459メートルの高城山(丹波富士)に丹波の国人である波多野氏が5代に亘って本拠にした丹波でも有数の大規模な山城である。篠山盆地を一望できる位置にある。 中世 永正5年(1508)波多野元清が築城した。大永6年(1526)元清は細川高国と対立して高国方の瓦林・池田氏らが丹波へ進撃して籠城しながら撃退した。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

№9 鬼薗山城跡・西方院山城跡 2010年6月28日

奈良市にある鬼薗山城は旧大乗院境内、奈良ホテル敷地内に位置する。 中世 文安元年(1444)大和を二分する北の筒井、南の越智両勢力の対立が激化して、越智方に古市胤仙・豊田頼英ら衆中の大半が与した上に、大乗院前門跡安位寺経覚が付いたため、興福寺権力の主流となった。対する筒井方は順永の兄成身院光宣が寺内に影響力を維持しており、越智・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№8 水堂代官屋敷 2010年6月26日

尼崎市にある水堂代官屋敷は尼崎藩主青山幸成が寛永20年(1643)二男の幸通に領地を与えて幸通が統治するために設けた。 JR立花駅下車 代官屋敷跡です。平成初期に屋敷門は老朽化により取り壊されました 水堂須佐男神社です。 本殿です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№6 黒塚古墳(柳本陣屋) 2010年6月24日

天理市にある楊本城は国民楊本氏の平城である。柳本陣屋は外様極小藩の柳本藩主織田氏が13代(約300年間)に亘って拠点にした陣屋である。 中世 楊本城 楊本範遠は応仁文明の乱では細川義就党の越智・古市氏に属したが、文明3年(1471)細川政長党の十市氏に襲われ堀に落ちて死亡した。天文5年(1536)木沢長政が大和に勢力を及ぼし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№4 狭山藩陣屋跡 2010年6月20日

狭山陣屋は譜代小藩の小田原北条氏が13代(約260年間)に亘って在封した陣屋である。羽曳野と狭山池の水を利用した天然の要衝であった。陣屋は上屋敷(本丸)と下屋敷に分かれていた。 近世 天正18年(1590)豊臣秀吉から北条氏規に狭山池の領地を与えられた。慶長5年(1600)氏盛が1万千石で立藩した。元和2年(1616)氏信が上屋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

№1-2 小谷城址② 2010年5月3日

本丸跡です。 本丸跡からの景色です。大広間跡を眺めます。 大広間跡黒金門跡です。 石碑です。(大正11年 滋賀県) 桜馬場跡です。 亮政が内通していた家臣を誘殺し、首をここにさらしたといわれがある首据石です。 馬洗池です。 御馬屋敷跡です。 御茶屋跡です。 番所跡です。(主郭の入り口…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

№1 小谷城址① 2010年5月3日

長浜市にある小谷城は北方背後に伊吹山系が控える自然の要害地であり、南麓を北国街道・中山道が通る交通の要所に位置する。城は小谷山山頂(標高495メートル)の大嶽城と南東に築かれた本城からなる。浅井氏3代が居城した山城であり、日本五大山城の一つである。 中世 大永3年(1523)浅井亮政が築城し、京極高清・高延父子を京極丸に迎えた。…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

第124号 彦根城 2010年4月19日

彦根城は譜代大藩の彦根藩主井伊家が14代(約270年間)にわたって居城した琵琶湖岸に近い彦根山(金亀山)に築かれた平山城である。 彦根は中山道にやや離れるが、湖岸に近い朝鮮人街道を整備すると共に両道を結ぶ道を開き、北方の米原から北国街道が発してこれらの幹道により、東・北・南の三方を押える要地であった。一方、西は湖に面して湖南の坂本…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

第123号 佐和山城趾 2010年4月19日

彦根市にある佐和山城は北西両麓に広がり、東麓の鈴鹿山脈との間の狭小な世帯を東海道が通る要害地に築かれた標高232メートルの山城である。 中世 鎌倉時代初期に佐々木時綱が山麓に館を構えた後、湖南の六角氏と湖北の京極氏の両勢力の境目の城として攻防が繰り返された。天文7年(1538)京極家の臣である多賀貞隆が、六角氏の臣である二階堂小…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

alpha21 佐和山遊園 2010年4月19日

彦根市にある佐和山遊園は、城や五重塔や金閣寺など色々な造り物がある不思議な遊園です。 JR・近江鉄道彦根駅下車 駅から15分ほどで遊園に到着 無料で入れます。 城門です。 天守閣です。中には入れません 城下町入口の山門です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第122号 明石城 2010年4月10日

明石城は譜代中藩の明石藩主越前松平氏10代(約190年間)に亘って居城した平山城である。藩領は明石郡全域と美囊郡3万石余りと美作吉野郡1万石弱であった。西国大名の押さえとして西方の姫路城、東方の尼崎城と共に大坂城の前線基地として築城した。 近世 元和3年(1617)大阪の陣で戦功があった松本城主の小笠原忠真が10万…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more